ウソの国ー詩と宗教(戸田聡stdsts)

キリスト信仰、ポエム、カルト批判など

批判

楽山の弁神論?2

楽山の弁神論?2 神義論、弁神論についての対話 1 2020年06月23日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/25268306.html 弁神論は、神義論とも言い、神の正しさについて追究する学問のようですが、学問で、論理で、神の正しさが証明できる、という…

楽山の独り芝居(3)3

楽山の独り芝居(3)3 神についての対話 3 2020年06月21日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/25240253.html 疲れたのか、楽山の理路の破綻が目立ちます。若者も老人も楽山です。楽山の自我であり、我欲であり、利己であり、自己優越の快感モ…

楽山の独り芝居(2)3

楽山の独り芝居(2)3 神についての対話 2 楽山日記(LD) 2020年06月21日 http://mn266z.blog.jp/archives/25240161.html を改めて批判。 楽山が悪意の人であることが表れています。信仰が分からないから、信仰について、文句が言いたいのでしょう。そし…

無理解の感想文

無理解の感想文 楽山日記(LD)2022年06月24日 『釈尊のさとり』増谷文雄著 http://mn266z.blog.jp/archives/33229036.html 楽山の感想文には、飾り言葉はあっても、どこが、どのように、・・という解説がありません。理解してないからだと思います。小学校…

我執の正当化3

我執の正当化3 楽山日記(LD)2020年06月13日 『イエス伝』ルナン著 http://mn266z.blog.jp/archives/25145860.html を改めて批判。 自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)であることを否定もしない楽山は、今回、信仰者らしい人の言を、自…

楽山の偽善性2

楽山の偽善性2 楽山日記(LD) 2020年06月17日 『読む力 現代の羅針盤となる150冊』松岡正剛・佐藤優 著 http://mn266z.blog.jp/archives/25196417.html 楽山は、有名人、知識人、学者、などインテリが大好きです。しかし、自分に好都合なところだけを引用…

笑止い自慢の楽山2

笑止い自慢の楽山2 「ヨブの信仰」羽仁もと子著 http://mn266z.blog.jp/archives/25177320.html 楽山日記(LD)2020年06月16日 (辞書より)笑止い(しょうしい):気の毒、滑稽。(東北・信越地方で)恥ずかしい、おしょしい。笑止(しょうし):大変なこ…

虎馬生産的楽山2

虎馬生産的楽山2 トラウマ反応!? 2020年06月13日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/25146142.html を改めて批判。 私には、トラウマがあるんだろうと思っています。そのトラウマに楽山は関係ありませんが、ずいぶん昔のことで、一部はブロ…

詩篇88-再録+

詩篇88-再録+ 「わたしの親しき友は――暗闇のみ」(詩篇87)2020年05月09日 旧約聖書 詩篇 (岩波文庫 青 802-1) http://mn266z.blog.jp/archives/24718556.html 楽山日記(LD)を、改めて批判。 楽山のような、キリスト教が憎くて、偽善もバレてしまって、…

後悔しない楽山2

後悔しない楽山2 後悔しない生き方(『聖フランシスコ・ザビエル全書簡1』) 2021年06月13日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/29440103.html 楽山に見られるところの、わざとらしさ、うさんくささに気づいてほしいと思う記事です。 >ザビエ…

楽山ただ長 2

楽山ただ長 2 『君よ、涙の谷を渡れ。』とは正反対の考え方 (自分で考え、判断することのすすめ) 2021年06月10日 幸福の科学とは何だろう(楽山ブログ) http://mmknky21.blog.jp/archives/9850447.html を改めて批判。 殆ど、引用だけなのですが、楽山は…

不感不応=無知3

不感不応=無知3 心に思ったことは現実になる?(詩篇108[109]) 2020年05月11日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/24741611.html 楽山は、自業自得ということが分からないようです。また、訳の違いで検索しても一致しにくい聖句について、本…

とほほ・・3

とほほ?・・3 「第二講 ヨブの平生と彼に臨みし患難」(『ヨブ記講演』内村鑑三) 2020年05月23日 http://mn266z.blog.jp/archives/24881454.html を改めて批判。 楽山の言葉は、決して、素直に読んではいけない、というのが、今までの私の学習の経過と結…

滅裂な訂正不能2

滅裂な訂正不能2 2020年06月07日 『人類はなぜ〈神〉を生み出したのか?』レザー・アスラン著、白須英子訳 http://mn266z.blog.jp/archives/25072520.html 楽山日記(LD) 前に否定されて、何も返せなかったのに、また「心の理論」のことを、前と同じように…

中立芝居2

中立芝居2 「第四講 老友エリバズまず語る」2020年06月06日 (『ヨブ記講演』内村鑑三) http://mn266z.blog.jp/archives/25053677.html を改めて批判。 楽山は、キリスト教と神をおとしめ、それを訂正しないまま、今度は、いかにも真面目に努力しているふ…

楽山のおぞましさ2

楽山のおぞましさ2 2021年06月05日 怒れる神のおぞましさ(『聖なるもの』オットー著) http://mn266z.blog.jp/archives/29356613.html を批判します。 どこまでも幼稚なことを言ってくる楽山です。理屈にも理路にも論理にもなっていません。怠慢なのに加え…

まとめ芝居(3)2

まとめ芝居(3)2 幸福の科学の基本教義について 2020年05月31日 http://mn266z.blog.jp/archives/24983246.html 楽山日記(LD)を改めて批判。 HSを辛らつに批判する楽山の、カルト臭い野望を持っている本性が、じわじわ表れてきます。 >*霊的人生観 …

楽山の見栄2

楽山の見栄2 ヨブ記についてのメモ(『聖なるもの』オットー著) 2021年05月29日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/29280555.html 楽山は、何も弁明できないまま、また執拗に書いてきます。神も信仰も、楽山の机上・紙上の勝手な思い込みで、…

楽山の詭弁と傲慢

楽山の詭弁と傲慢 2022年04月12日 「アンチ論法 ー詭弁とは何かー」を読んだ 幸福の科学とは何だろう? by 楽山 http://mmknky21.blog.jp/archives/14172871.html#more を再度、批判。 先ず、楽山からの批判は無視してよいと思います。論理的に見せかけてい…

批判の節操2

批判の節操2 神を批判してはいけないのか? 2014年12月06日 http://mn266z.blog.jp/archives/17512429.html 楽山日記(LD) 「楽山日記」で検索したところ、上の記事が見つかりました。私が楽山を批判する前の記事だと思います。恐らく、ずっと前から、キリ…

批判と悪口2

批判と悪口2 私は、カルト的な思想を、訂正不能に自己中に一方的に、批判を無視して、妄想的に書いてくる者たちを、以前はコメントで、その後は記事で、批判してきました。 彼らは、こちらの言うことを無視して、一方的に、自慢したり、おとしめたりしてく…

楽山ツイッター(3)2

楽山ツイッター(3)2 2021年の楽山の、無理解からの、努力ではなく、使命でもなく、務めでもなく、真面目でもなく、ふざけ半分の、趣味のような、憂さ晴らしのツイッターです。生きる楽しみが、意地の悪い趣味以外にないのだろうかと思います。 >心…

楽山の実現したいこと2

楽山の実現したいこと2 2021年05月15日 幸福実現党の移民政策(2) 幸福の科学とは何だろう?ブログ(楽山) http://mmknky21.blog.jp/archives/9544240.html 楽山は、秘密モードにすると言っていましたが、今度は、ツイッターの画像を引用して、幸福実現党…

楽山の児戯性2

楽山の児戯性2 『竒談の時代』百目鬼恭三郎著 2020年05月16日 http://mn266z.blog.jp/archives/24803695.html 楽山日記(LD)への批判記事を再録+ 楽山は、今までの心霊や超常の話を、子供じみた空想話を出して、ごまかそうとしています。見苦しい言い訳で…

楽山の形骸

楽山の形骸 『神秘形而上学入門』平一著 2022年05月22日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/32844875.html を批判。 楽山の知識が、実質のないもので、経験の切実さもなく、ことごとく形骸に過ぎないことが表れています。にもかかわらず、楽山…

インチキがインチキを語る

インチキがインチキを語る 2022年05月22日 幸福の科学とは何だろう?ブログ by 楽山 イカサマ霊能者とインチキ占い師、それから宗教勧誘の手口 http://mmknky21.blog.jp/archives/14723036.html を批判。 楽山の嘘がイヌのように盛っています。楽山のインチ…

楽山の自己顕示欲

楽山の自己顕示欲 『心經入門 彼岸からのメッセージ』平一著 2022年05月19日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/32816312.html を批判。 自己愛性人格障害(自己愛性パーソナリティ障害NPD)の楽山が書くものには、自己顕示欲だけしか表れて…

楽山の神噛み2

楽山の神噛み2 神に通じる祈りとは?(『神皇正統記』北畠親房著) 2021年05月08日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/29025258.html 改めて批判。 楽山は、祈りません。ただ、あの神、この神と、批評して回るのです。したがって、救いの「す…

楽山の正当化の詭弁2

楽山の正当化の詭弁2 尊い信仰とは? (榎本保郎『旧約聖書一日一章』) 2013年02月16日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/17512101.html 古い記事ですが、改めて批判。 楽山が、愛について、信仰について、一生懸命について、さらに、自己責任…

猛者への堕落4

猛者への堕落4 人間性を失った名ばかりの信仰?には、ある種の猛々しさが残る。せっせとお味方になる意見を集めている。それは猛々しい文章である。その威勢のよさの分だけ、また人間としての共感を失ってゆくのは、字面だけを追って、お味方になる意見とい…