ウソの国ー詩と宗教(戸田聡stdsts)

キリスト信仰、ポエム、カルト批判など

批判

猛者への堕落3

猛者への堕落3 人間性を失った名ばかりの信仰?にはある種の猛々しさが残る せっせとお味方になる意見を集めているそれは猛々しい文章であるその威勢のよさの分だけまた人間としての共感を失ってゆくのは字面だけを追ってお味方になる意見というだけで悦び…

楽山の万象不明

楽山の万象不明 「第十九講 ヨブの見神(三)」(『ヨブ記講演』内村鑑三著) 2021年05月04日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/28979618.html を批判。 矢継ぎ早に更新記事を書いてくる楽山です。これで、前進しているつもりでしょうか。実際…

楽山の人間離れ

楽山の人間離れ 「第十八講 ヨブの見神(二)」(『ヨブ記講演』内村鑑三著) 2021年05月03日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/28971574.html 楽山が、人格に興味がないことが表れています。さらに、楽山は、人格ではないのかもしれません。…

楽山の世辞と無責任

楽山の世辞と無責任 「第十七講 ヨブの見神(一)」(『ヨブ記講演』内村鑑三著) 2021年05月01日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/28943169.html 批判されて、答えることも返すことも出来ない反キリストの楽山は、今回、見苦しくも、伝道者…

悪い例だけ刷り込む2

悪い例だけ刷り込む2 宗教は幸福感を得るための手段である! (『宗教的経験の諸相(上)』W・ジェイムズ著) http://mn266z.blog.jp/archives/24540094.html 楽山日記(LD) 2020年04月25日 楽山の、偏向した、安っぽい、悪い材料だけ見せてくる詭弁の、宗…

見当違い2

見当違い2 悟りとは何か?(『漱石全集月報』) http://mn266z.blog.jp/archives/24499132.html 楽山日記(LD) 楽山が、二人の小説家の言葉を、単純と言っています。単純なのは、楽山です。 >野村傳四氏によると、夏目漱石は悟りについて次のように言って…

凶暴な反復2

凶暴な反復2 2020年03月28日 『若い読者のための『種の起源』』ダーウィン著、ステフォフ編著 http://mn266z.blog.jp/archives/24129552.html 楽山日記(LD) ダーウィンを持ち出してきました。そして、読んで大正解、納得できる、と言っています。科学の部…

楽山の有為と煩悩

楽山の有為と煩悩 『万人に語りかけるブッダ 「スッタニパータ」をよむ』雲井昭善著 2021年04月24日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/28858078.html また、楽山の、理解力、感受性、共感力の欠如を、偽りの机上の屁理屈を、真実に向き合うこ…

楽山の舐めるもの

楽山の舐めるもの 楽山は、他者の口を借りるしか能がないので、またしても、人に舐めてもらうように、他者のツイートを載せています。最も見苦しい手口で、宗教をおとしめて、自分の言い分を肯定したいのでしょう。恥も外聞もない。こうは、なりたくありませ…

楽山の失格

楽山の失格 (映画) 『美しき誘惑-現代の画皮-』のルーツを探る 2021年04月17日 幸福の科学とは何だろう?ブログ(楽山) http://mmknky21.blog.jp/archives/9216946.html 抜粋して批判 >真意は分からないが、同じ材料、テーマの先行作品があったり、影…

楽山のトンデモとインチキ

楽山のトンデモとインチキ 『誰もが聖書を読むために』鹿嶋春平太著 2021年04月18日 http://mn266z.blog.jp/archives/28788823.html (ネットより)鹿嶋 春平太(かしま しゅんぺいた、1941年 - )は、日本の経済学者、宗教社会学者。明治学院大学名誉教授。…

凶暴な詭弁2

凶暴な詭弁2 『憎悪の宗教 ユダヤ・キリスト・イスラム教と「聖なる憎悪」』定方晟著 憎悪の宗教―ユダヤ・キリスト・イスラム教と「聖なる憎悪」 http://mn266z.blog.jp/archives/24345230.html 楽山日記(LD) 2020年04月12日 (再録+) 楽山は、獣性を抑…

ヒーロー気取り2

ヒーロー気取り2 事実は一つでも、その感想は人それぞれ異なる!? (『宗教的経験の諸相(上)』W・ジェイムズ著) 2020年04月11日 http://mn266z.blog.jp/archives/24326061.html まるで、説教壇か山上で教えを垂れるような、しかも全部が空っぽな豪語が…

人を傷つける楽山

人を傷つける楽山 人を傷つける宗教 (『ジョイランド』スティーヴン・キング) 2016年10月12日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/17512600.html 前の反宗教の記事に付いていたリンクから、楽山の、この過去記事が表示されました。読んでみると…

隠された攻撃性2

隠された攻撃性2 神義論、弁神論について(『宗教的経験の諸相(上)』W・ジェイムズ著) 2020年04月07日 http://mn266z.blog.jp/archives/24263242.html 楽山日記(LD)批判再録+ 楽山は、またしても、神についての幼稚な疑問を投げてきました。誰も分か…

楽山の醜聞

楽山の醜聞 及川幸久氏の周辺が騒がしいのだが… 2021年04月10日 幸福の科学とは何だろう?ブログ(楽山) http://mmknky21.blog.jp/archives/9167246.html 醜聞を漁っている楽山が、いちばんの醜聞です。 >*炎上? ツイッターを見たら、及川幸久氏の話で埋…

楽山はホラー

楽山はホラー キリスト、パウロ、ガンジーと非暴力 2021年04月10日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/28705420.html 3回同じリンクを付けている箇所があります。 楽山は、読者への思いやりなど全く持っていませんのでご注意ください。 病質者…

オカルト楽山

オカルト楽山 『反オカルト論』高橋昌一郎著 2021年04月08日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/28687162.html オカルトについて書いていますが、楽山の、霊が分かるっぽい自覚とか、心理学の「心の理論」を心霊に結び付けるとか、進化してゆく…

努力と我執2

努力と我執2 2020年04月03日 宗教的な不可知論者?(『宗教的経験の諸相(上)』W・ジェイムズ著) http://mn266z.blog.jp/archives/24209254.html 楽山には、自分がどれだけ的外れか、自覚がないのです。かつ、一言も、反論も弁明も成り立ったこともないの…

楽山の汚物

楽山の汚物 『現代語訳 論語と算盤』渋沢栄一著、守屋淳訳 2021年04月01日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/28605223.html 極端な例をもって、全体を否定する、という楽山の詭弁です。 性根の腐っている楽山は、書くことをやめません。人間に…

安楽の果て

安楽の果て 『はじめての宗教論 右巻 見えない世界の逆襲』佐藤優著 2021年03月29日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/28569639.html 楽山は、今まで、一度もキリスト教について、真面目に、真っ当に語ったことはありません。前にも言ったよう…

楽山の崩壊

楽山の崩壊 2021年03月25日 家田荘子さんをめぐって(宏洋と広報チャンネル) 幸福の科学とは何だろう?ブログ(楽山) http://mmknky21.blog.jp/archives/9035527.html (ネットより)家田 荘子(いえだ しょうこ)は、日本のノンフィクション作家、高野山…

楽山を斬る聖句

楽山を斬る聖句 「第十四講 ビルダデ再び語る」(『ヨブ記講演』内村鑑三著) 2021年03月27日 楽山日記(LD) http://mn266z.blog.jp/archives/28545902.html 内村鑑三の本を引用して、まるで、論理立てをしているようです。しかし、前から書いてきましたが…

うそのまま2

うそのまま2 ありのままの自分でいること (『宗教的経験の諸相(上)』W・ジェイムズ著) http://mn266z.blog.jp/archives/24033176.html 楽山日記(LD) 反省・修正をする気がない者は、びくともしないと言いたげに、びくともしないことこそが不自然極ま…

捏造の文脈2

捏造の文脈2 2020年03月23日 教と幸福の関係について(『宗教的経験の諸相(上)』W・ジェイムズ著) http://mn266z.blog.jp/archives/24060313.html ウィキペディアには本の著者は哲学者・心理学者と書いてあるのに、楽山は、心霊主義と言って、著者 W・ジ…

他者の口を利用2

他者の口を利用2 2020年03月22日 神との対話の危険性(『宗教的経験の諸相(上)』W・ジェイムズ著) http://mn266z.blog.jp/archives/24047881.html 楽山は、自分の霊感を主張して止みません。しかし、楽山は、霊感の働く人であるならばありえないような、…

危険人物2

危険人物2 危険人物とは犯罪性の強い人でしょうか。 犯罪性の強い人は日頃から乱暴であれば気づかれやすいでしょう。 しかし本当に恐ろしい者はそういう印象から遠いところにいます。 聖書では偽善者と言われています。守っている知っている分かっている見…

楽山の邪魔

楽山の邪魔 幸福の科学とは何だろう? 楽山ブログ 建造物侵入騒動の行方(「幸福の科学」広報チャンネルの動画と個人的な感想) http://mmknky21.blog.jp/archives/8996284.html 2021年03月21日 ツイッター引用を含む。 勝手に言いたい放題言うのが、楽山の…

現代の偽善者2

現代の偽善者2 二千年前のキリストの時代には偽善者は分かりやすかったかもしれない。 聖書のパリサイ人と取税人の祈りにおいて多くの人は、かなり、はっきりと分かるだろう。尊大で傲慢なパリサイ人と赦しを乞う以外になかった取税人は明らかに違っていま…

楽山の独裁

楽山の独裁 「自由の意味」田中美知太郎著 2021年03月18日 楽山日記(LD)批判 http://mn266z.blog.jp/archives/28433415.html 楽山が、本を読んだと言っても「メモしておきたい」と書いているように、都合のよい文言を拾ってくるだけですから、読書になって…