ウソの国ー詩と宗教(戸田聡stdsts)

キリスト信仰、ポエム、カルト批判など

反面の偽善者

 
  反面の偽善者
 
   善ではない
 
洗礼だけなら信仰ではない。
儀式の過去は信仰を保証しない。
 
善の意識だけなら信仰ではない。
できるだけ、では、安い道徳に過ぎない。
 
全能の神聖に向かって
守っていますなんて通用しない。
 
人に向かって
ほどほど善い人になるのが信仰ではない。
 
それは信仰の目的でもない。
それは信仰の達成でもない。
 
信仰は道徳ではない。
信仰は戒律でもない。
信仰は保険でもない。
 
そこを外せば信仰ではなく
そこを弁えれば信仰となるのは
 
神聖に対する正直さだけだ。
神聖に対しては正直しか通用しない。
 
信仰の義は
知っていることではない。
分かっていることではない。
守っていることではない。
それらは神の前で
人間において成り立たない。 
 
 
神聖の前で嘘を吐いてはならない。
すべて見抜かれているのだから。
 
神聖を恐れるなら
キリストを愛するなら
人に弁えられるのは
御前での正直さだけだ。
 
整えるのは神の仕事。
評価するのは神の仕事。
裁くのは神の仕事。
 
そりゃ善だけではないですけどね
と言っても、それは違う。
 
人の善などはことごとく
神の前では成立しないと言っている。
なぜ体よく整えようとするのか。
それは神の仕事だ
 
だから人が
神に対して捧げられるのは
善ではない。
 
できるだけ頑張っているのだから
通用するのかなあ・・などとあいまいな考えで
神を侮るものになってはいけない。
 
私たち人間は
神の前に捧げられるような
いかなる善も持ち合わせてはいない。
 
人に出来て
神の御前に出せるもの、
正直以外に何があろう。
 
罪を犯しても
神の前に正直であるなら赦される。
 
人に善人と言われ
熱心な信仰者と言われても
神の前に飾る祈りは聞かれない。
神に対して偽る祈りは退けられる。
聖書はそう語っている。
 
神を偽りの讃美で包む者は
偽りの赦しで包まれている。
 
人は騙せても
神は騙せない。
既に総て見抜かれているからだ。
 
正直な祈りだけが赦され救われるための条件である。
 
主のもとに戻る道もそこにあり
そこにしかしかない。
 
神に対して
人の道徳など通用しない。
 
神の前に
人の道徳など成立しない。
 
総てを見抜かれる有り様を
人は地上で知り得ない。
 
だから正直以外の捧げものはないのである。
 
 
   反面の者
 
 神の啓示と聖霊の導きが根拠ですから
 議論の対象になりませんね・・などと言う者がいる。
 
 ああでもない、こうでもない、ていうか
 それが信仰というものなのかなぁ・・などと言う者がいる。
 
 説明も解説も弁明も反論も反省もできない者たちだ。
 代わりに社交の世辞や曖昧な言い方をしてくるだろう。
 
 ずっと神聖に向かって
 立小便をしている者たちだ。
 真実を排泄物に変えてゆくく者たちだ。
 
 こうなってはいけない
 というモデルとなるために生まれたのだろうか。
 
 罪の門口に行って
 やがて来たるものを待つためだろうか。
 
御心は測りがたい。
 
偽善者の
謀ることは御心ではない。
 
神の前では総てが明らかにされ
反省しなかった者には
弁明の余地はない。
 
私たち信仰者には
御心は測りがたいが、
折に触れて反省はいくらでもできるのが
神の賜物である。
 
信仰者は正直な告白と悔い改め。
 
偽善者は虚偽と嘘と不感不応。
 
神の啓示と聖霊の導きについては
人は、これがそうだとは言えない存在。
 
 
 神の啓示と聖霊の導きを根拠にする者は
 感じることと考えることを怠っているのであり、
 既に信仰者ではない。
 
 幼稚で滑稽な詭弁を
 さも重要であるかのように
 言葉の組み合わせだけ振り回す偽善者は
 滅びを自覚できない。
 
 彼らは
 自覚しないまま
 人間としての能力全般が鈍くなり壊れてゆくのを
 平安と呼び、恵みと呼び、信仰と呼んでいる。
 
 彼らの褒め合い笑い合うに任せよ。
 信仰者は
 信仰にとって破壊者にしかならない者たちに
 近づいてはいけない。
 彼らは見え透いた冗談のように虚しい。
 
 偽善者を知ることは重要である。
 その対極に信仰があるからだ。
 
 
信仰者は神聖を根拠にはできない。
神の啓示と聖霊の導きについては、
不完全な罪深い人間は、
これがそうだとは言えない存在だからだ。
 
精いっぱいの人知をもって判断し行動する。
そして精いっぱいの正直さで神に捧げる。
そういう祈りだけが信仰生活を支えてゆくのである。
 
それを超えることは神に任せられるべきことであり
人は、神を恐れるならば、
神の領分について多くを語れると思ってはいけない。
 
 
(2019年08月14日)
 
 
私の「ウソの国ー詩と宗教」ブログ:
https://ameblo.jp/st5402jp/
https://stdsts.hatenablog.com/
https://st5402jp.blog.fc2.com/
https://blogs.yahoo.co.jp/st5402jp (更新、コメント不可)
http://st5402jp.livedoor.blog/ (移行スピードは速かった)
 
https://twitter.com/st5402jp
(ここは、たまにブログ記事をリンク)
 
 
https://poem.blogmura.com/darkpoem/ranking.html  
にほんブログ村 ポエムブログ 暗い詩へ(文字をクリック)]
https://philosophy.blogmura.com/christian/ranking.html
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ(文字をクリック)]
 
ブログランキング
https://blog.with2.net/rank4482-0.html