ウソの国ー詩と宗教(戸田聡stdsts)

キリスト信仰、ポエム、カルト批判など

隠された攻撃性

隠された攻撃性 神義論、弁神論について(『宗教的経験の諸相(上)』W・ジェイムズ著) 2020年04月07日 http://mn266z.blog.jp/archives/24263242.html 楽山日記(LD) 楽山は、またしても、神についての幼稚な疑問を投げてきました。誰も分からないという…

神と人の未分化(3)

神と人の未分化(3) 神様に、心寄り添うこと。 https://ameblo.jp/magumaria/entry-12585275432.html magumaria(自称マグダラのマリア)のブログ 感傷的な言い方が多いのですが、曖昧よりもじわじわと、人が神に近いのだと刷り込みながら、実際は、特に自…

神と人の未分化(2)

神と人の未分化(2) 神様に、心寄り添うこと。 https://ameblo.jp/magumaria/entry-12585275432.html magumaria(自称マグダラのマリア)のブログ 以前、自称マグダラは、キリスト者の証明として、洗礼に関するらしい何かの書類の写真を出してきました。キ…

神と人の未分化(1)

神と人の未分化(1) 神様に、心寄り添うこと。 https://ameblo.jp/magumaria/entry-12585275432.html magumaria(自称マグダラのマリア)のブログ 久しぶりに、偽キリスト教カルト、自称マグダラ&ヨシュア・ラインを批判します。今回は自称マグダラマリア…

救われる条件(2)

救われる条件(2) キリスト者になると柔和な人間になるとあるいは社会的基準においても善人になると思われているかもしれません。 信仰の結果として善を目指すでしょう。 しかし、実際は、必ず善人になるかどうかは分かりません。普通の人間と同じように頑…

努力と我執

努力と我執 2020年04月03日 宗教的な不可知論者?(『宗教的経験の諸相(上)』W・ジェイムズ著) http://mn266z.blog.jp/archives/24209254.html 楽山には、自分がどれだけ的外れか、自覚がないのです。かつ、一言も、反論も弁明も成り立ったこともないのに…

武装?

武装? 神の前に、祈るときに、正直のみを用意することを"武装"と言いました。もちろん武力や暴力のことではありません。 考えてみました。 祈りにおいて精いっぱい正直であること言い換えれば、努めて正直であることこれが信仰を持つ人間ならば誰でも意識で…

当てにならない

当てにならない 私たちは実に当てにならない世界に住んでいる。実際は当てにならないのは私たちの心であり内部である。 入力は総て感覚器を通している。内部処理は総て脳が行っている。いずれも寿命が尽きればなくなるものでありこれらは寿命がある間は維持…

逆説

逆説 ある事柄について神の御心を思います。悪のほうに従ってはいけないと思えば善のほうを選ぶはずです。しかしそれは完璧でしょうか。 先ず、人に、善悪の判断が、神と同様に正しく出来るでしょうか。否であります。 既に完璧な正しさについて不可であると…

理解?+

理解? 文系・理系を問わず理解というのは心の解放感です新しい方向へ広がることですつまり始まることであって決して完了することではありません 芸術でも学問でも私の下手な数学でも人間関係でも風景でもポエムでも同じです 論理でも情緒でも理屈が合うので…

偽者の末路

偽者の末路 私の記事「矛盾の暮らし」コメント欄 http://st5402jp.livedoor.blog/archives/5754610.html#comments 私が記事に「うちのめされている」と書いたからでしょうか。うれしそうにコメントを書いてきました。白々しい挨拶と筆致からシャロームである…

凶暴な反復

凶暴な反復 2020年03月28日 『若い読者のための『種の起源』』ダーウィン著、ステフォフ編著 http://mn266z.blog.jp/archives/24129552.html 楽山日記(LD) ダーウィンを持ち出してきました。そして、読んで大正解、納得できる、と言っています。科学の部外…

アドラー教について(25)

アドラー教について(25) 2019-03-12 これを読めば嫌われることを幸運だと思えるようになれます 名著「嫌われる勇気」で有名になったアドラー心理学ですが、多くの人達はこのタイトルであ る「嫌われる勇気」のイメージの通りにアドラーは嫌われることを…

矛盾の暮らし

ヤフーブログ→ライブドアブログコピーの古い記事http://st5402jp.livedoor.blog/archives/105631.html 矛盾の信仰 神は人知を超えた御方だから神は人知を超えた奇跡を起こされるのだとなぜか神の奇跡とその意味を得々として語る人がいる 神は人知を超えてい…

飲兵衛さんの思い出+

飲兵衛さんの思い出。再録+https://ameblo.jp/st5402jp/entry-12448086748.html 飲兵衛さんの思い出 昔学生の頃バイクで帰ってきて路地へゆっくり入ったところで赤いお鼻の飲兵衛(のんべえ)さんがバイクに近寄ってきて紙切れのようなものを差し出して訳の…

さかのぼる矛盾+

さかのぼる矛盾 https://ameblo.jp/st5402jp/entry-12448602201.html 再録+ いたはずの先祖から幾千年の恨みの坂を今をさかのぼりいずれ上らねばならぬ 経験は否定できない個人にとっては真実になりうる経験から与えられ考えたことは否定できないしかしあま…

捏造の文脈

捏造の文脈 2020年03月23日 教と幸福の関係について(『宗教的経験の諸相(上)』W・ジェイムズ著) http://mn266z.blog.jp/archives/24060313.html ウィキペディアには本の著者は哲学者・心理学者と書いてあるのに、楽山は、心霊主義と言って、著者 W・ジェ…

他者の口を利用

他者の口を利用 2020年03月22日 神との対話の危険性(『宗教的経験の諸相(上)』W・ジェイムズ著) http://mn266z.blog.jp/archives/24047881.html 楽山は、自分の霊感を主張して止みません。しかし、楽山は、霊感の働く人であるならばありえないような、無…

うそのまま

うそのまま ありのままの自分でいること(『宗教的経験の諸相(上)』W・ジェイムズ著) http://mn266z.blog.jp/archives/24033176.html 楽山日記(LD) 反省・修正をする気がない者は、びくともしないと言いたげに、びくともしないことこそが不自然極まりな…

ピタゴラスの定理

ピタゴラスの定理 図形で証明する方法の1つ。 (再録、図を描き直しました。) ピタゴラスの定理(三平方の定理)の証明方法は多数あるらしいですが 誰でも描いてみる下図 正方形3つ 上2つの正方形の面積の和が下の2つの長方形の面積の和=下の1つの正…

危険人物

危険人物 危険人物とは犯罪性の強い人でしょうか。 犯罪性の強い人は日頃から乱暴であれば気づかれやすいでしょう。 しかし本当に恐ろしい者はそういう印象から遠いところにあります。 聖書では偽善者と言われています。守っている知っている分かっている見…

"心の理論"+

「心の理論」:幼稚な勘違いhttps://ameblo.jp/st5402jp/entry-12450774365.html「奇跡について?」:詭弁の嫌らしい詭弁https://ameblo.jp/st5402jp/entry-12562025912.html リブログ偽宗教 "心の理論"+ 2020年03月16日 宗教とは? (『宗教的経験の諸相(…

アドラー教について(24)

アドラー教について(24) 2019-01-06 これさえ読めば、眠れない悩みは無くなります アドラー心理学サロンです。https://www.adlersalon.com/entry/2019/01/06/%E5%AF%9D%E3%81%9F%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%AB%E5%AF%9D%E3%82%8C%E3%81%AA%E3%81%84%E2%80%…

"敵を愛する"

リブログ+ https://ameblo.jp/st5402jp/entry-12449968371.html "敵を愛する?" 去年の記事にあるようなことを考えて行為義認ではなく、信仰義認であることを考えて つまり、何かをすれば救われる、しなければ救われない、ではなくまた、何かをしたら救われ…

体質と言葉

体質と言葉 体質とは、ここでは、先天的または後天的に規定されるところのその人の言動を特徴づける人格の意味で使っています。 (ネットより)百科事典マイペディアの解説。体質:すべての精神的・身体的な人間の形質の総和で,遺伝と環境の相互作用によっ…

詭弁について

詭弁について st、楽山 問題を振り返る 2019年12月22日 http://mn266z.blog.jp/archives/22718002.html 楽山日記(LD) シャローム( shalom、シャロム、あなた、彼) 楽山ブログは、ほぼ、カルトと詭弁の資料となっています。去年の楽山の記事にシャローム…

アドラー教について(23)

アドラー教について(23) 2018-10-29 【永久保存版】満たされない気持ちを満たす方法 アドラー心理学サロンです。www.adlersalon.com https://www.adlersalon.com/entry/2018/10/29/%E8%87%AA%E5%88%86%E3%81%AE%E5%BF%83%E3%82%92%E6%BA%80%E3%81%9F%E3%…

知らないところで

知らないところで 「st、shalom 問題」カテゴリの最新記事:コメント欄 http://mn266z.blog.jp/archives/22718002.html#comments 楽山日記(LD) 楽山と書いてありますが、筆致とコメント5より殆どシャローム( shalom、シャロム、あなた、彼) のコメント…

陽気、その他

新作1つ、旧作3つ 陽気 朝は冷ややかなプチうつをもてあそびほころびをつくろう部屋の始まり 昼は歩みを木の廊下にしつらえてやさしい足裏の弾力に厭世を返す 夜はふくらんだ嫉妬をしずかに灯しこだわりのない時を温める 幾度ひっくり返ったら虫のあやまち…

アドラー教について(22)

アドラー教について(22) アドラー心理学 https://twitter.com/PositiveSalon 悪口を言う人に、抵抗するな、ひたすら無視するべきだと言っています。悪口や特に暴力については、相談する人が必要です。ネットで、無視を勧める人は、一切、責任を負う気は…